シミケア化粧品の比較

シミケア化粧品についてあれこれ書いてみましたが、結果残るギモンは「どのタイプの化粧品がおすすめなの?」ですよね。
ご存知の通り様々なタイプの化粧品がありますが、それぞれのメリット・デメリットを纏めてみました!

オールインワン化粧品

毎日忙しい、スキンケアに時間をかけてられない!という方に人気なオールインワン。
ただ手軽という点だけがメリットではなく、お肌に触れる工程が1回というのもスキンケアにとっては重要なポイント。
肌荒れの原因の1つに「摩擦による刺激」があります。
これは毎日のスキンケアも一緒で、敏感な顔の肌はなるべく触れないのがベスト。
化粧水・美容液・乳液・保湿クリームまで1回で済ませられるオールインワンは、実はお肌にとっても良いのです。
私も聞かれたら絶対オールインワンをおすすめしています!

化粧水×乳液

日々のお化粧のベースとなる化粧水と乳液。 化粧水はうるおいを足し、乳液は浸透と、それぞれに役目・成分が分かれています。
しかし、加齢・ホルモンバランスなどによるターンオーバーの遅れに対し、化粧水と乳液だけではカバーしきれないのが現実。
そうすると、ブースターや美容液、保湿クリームなど足りない役目のスキンケアが必要に。
面倒で毎日続けられないスキンケアは意味がないので、無理せず続けられるものを選ぶことをおすすめします。

シミトリ専用クリーム

いつものお手入れにプラスするだけ、気になる部分にだけというお手軽さが魅力。
成分もシミ抑制に特化したものなので、通常のスキンケアでケアするよりも効果が早いと言われています。
しかし、シミには目に見えているものの他に、“シミ予備軍”と言われる目に見えていないものもあります。
その目に見えていないシミもケアしていかないと、結局数年後も他のシミに悩むことになるので、スキンケアでこつこつケアすることをおすすめします。

…といろいろ並べて比較してみましたが、個人的におすすめしたいのはやっぱりオールインワンタイプのシミケア化粧品!
オールインワン化粧品ならシミケアも合わせてスキンケアをこれ1つで済ませられるので、外出が多くてシミが気になるけど、毎日のお手入れはやっぱり面倒・・・という方はもちろん、今もこれからもずっとシミに悩みたくない!という方にもおすすめです。

シミについての基礎知識

シミケア化粧品の選び方

調査概要

  • 調査企画:日本マーケティングリサーチ機構
  • 調査概要:2019 年 5 月期_インターネット調査
  • 調査手法:インターネットでのアンケート調査
  • 調査期間:2019 年 5 月 1 日~2019 年 5 月 24 日
  • 調査対象:10代〜70代の男女
  • 母集団:810名
  • 居住地:北海道,京都府,青森県,大阪府,兵庫県,宮城県,奈良県,和歌山県,山形県,福島県,茨 城県,岡山県,栃木県,広島県,群馬県,山口県,埼玉県,徳島県,千葉県,香川県,東京都,愛媛県, 神奈川県,高知県,新潟県,福岡県,富山県,佐賀県,石川県,長崎県,山梨県,大分県,長野県,岐 阜県,鹿児島県,静岡県,沖縄県,愛知県,三重県,滋賀県